冨山和彦著 「挫折力 一流になれる50の思考・行動術」(PHPビジネス新書)

2012年1月15日

c06f6c36冨山和彦著

「挫折力

一流になれる50の思考・行動術」(PHPビジネス新書)

リーマンショックで、挫折を味わい、ふと手に取った本である。

「人をもっとも成長させるのは『挫折』である」

そんな言葉に魅かれ、読んでみた。

〈今の日本が閉塞し、停滞してしまっているということは、誰もが多かれ少なかれ感じていることだろう。このような日本の社会や会社を変えていくのは、これまでの優等生型リーダーではない。もちろん、そこに智略が備わっていることも必要だが、むしろ根性が据わり、打たれ強く、腹をくくることのできる人間だ。

そんな人間になるには、どうすればいいか。失敗を恐れず、挫折を経験してみればいい。その経験が「挫折力」となり、壁をぶち破る力となる。

「挫折する」ということは裏を返せば、「挑戦する」ということである。〉

つまり、挫折とは、自分の能力以上のことに挑戦した(成長しようとした)証拠である。リーマンショックのような外的トラブルに見舞われるのも、挫折だが、そういう場合の対処方法は…?

忙しければ、悩まない。そう、悩まず、忙しく働くことだ。

「悩んでいる暇があったら、とにかく働け」

どんなに不本意な仕事であっても、そこに出会いもあれば、発見もある。「真実」が見えることもあるということ。

「チャンスは、でこぼこ人生、挫折のドラマを持っている人のところにやってくる」

「人間は失敗からしか学べない生きもの。だから優等生人生は、不機嫌な人生、役に立たないリーダーへの道を約束している」

「簡単に意気投合してくる人間を信じるな!」など。

いろいろと示唆に富んでいる。

作者は、1960年生まれ。東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士。経営共創基盤代表取締役CEO。経営者やビジネスパーソンから絶大な支持を得ている。確かに説得力のある内容だった。

お問い合わせ

お問い合わせ